:公益財団法人 セゾン文化財団スタジオ助成

HOME > 2012 > 2012東京コンタクトインプロフェス

TCIF201220Flyer20omote_020.jpg

CIクラス

Beyond Gravity 

「重力をこえて」 
:Adrian Russi アドリアン・ルーシー

床と空間全体と結びつき、自分の中心と内側の軸を見つけましょう:
これがあなたを重力をこえて、全ての方向、
そして常に新しい空間へと転がり落ちていくように導く、
コンタクト・ダンスに深く影響のある基盤になります。
気楽に安全に予期しない危険がないように!
細かい動きのテクニックと高められた身体感覚をもち、
パートナーの身体とコミュニケーションをとることは大切な要素のひとつです。
油断がなく、好奇心をもった状態、そして本能を開いた状態で、
ダンサーは驚きの瞬間にも対応できるようになり、
パートナーと一緒にダンスを形作るために一瞬のうちに決定をすることができるようになり、
そしてコンタクト・インプロビゼーションとよばれるものができるのです。 
ワークショップでは、私たちの身体や知覚できる範囲に挑戦するため、
異なる動きの法則を試みます。
新しい、そして創造的な形で重力と出会うために、
ソロまたはパートナーと動いていきます。
そこには、自由に踊るための場、言葉で交換するための場、
このダンス形式を深く理解するための沈黙、
そして新しい動きの要素をあなたのダンスにとりいれるための場所があるでしょう。
楽しむため、新しい方法でほかのダンサーと出会うため、
そしてダンスを通じてあなた自身の道をさがすためにきてください。

レベル:このワークショップは全ての人が参加できます。
ワークショップの内容は初心者から経験者まで十分に満足えられる方法で準備されます。

Trusting the unknown of our dance 

「私達のダンスの未知の世界を信じること」 
:Manuela Blanchard マニュエラ・ブランチャード

コンタクト・インプロビゼーションは、
その場で起こりうる全てのことに対して身体や心が開き、
そこに存在するように招いてくれるダンス形式です。
動き手達が重力や反動といった物理的な力に身をゆだねることで、
その力は彼らを未知の世界に導きます。

クラスでは、身体を目覚めさせ準備するために、
自身の状態に意識を集中することから始めます。
相手とのコミュニケーションをつくる前に、まずは身体の力をぬき、
視界と感覚を研ぎ澄ませ、自分のセンターを感じそして結びます。
続いて、容易に、スムーズに動くための基本テクニック
―転がる・柔らかく落ちる・パートナーの重さを支え委ねるなど―を練習します。
また方向感覚を失うことに慣れるために平衡感覚で遊び、
衝動に耳を澄ますことでうまれる、今ここで生まれつつあるダンスを信じて、
それについてゆくことを学びます。
ぜひ来てください。そして信じましょう!

野口体操クラス

新井英夫:Hideo Arai

野口体操を創始者野口三千三に学ぶ。演劇活動を経て独学でダンスへ。
表現活動とともに教育・福祉の現場や市民参加型事業において身体ワークショップを展開中。
http://blog.goo.ne.jp/karadakara

新井先生のクラス内容
「野口体操をやってみよう」

「力を抜く」「重さ」「弾み」など自然の原理から導かれた野口体操の世界を
入門編としてご紹介します。
「動き」のみならず、創始者野口三千三氏の「言葉」、
動きのイメージを喚起する「モノ」(教材)等も合わせて立体的にお伝えする予定です。

合気道クラス

吉田彰:Akira Yoshida

合気会合気道四段(合気道歴23年)
柔道三段・空手少林寺拳法初段
整骨針灸院開業。

高橋朋利:Tomokazu Takahashi

合気会合気道三段(合気道歴11年)
ボクシングを学ぶ。
(サブ講師)高橋弘子 合気道二段

TCIF2012208EQ89C194EF.png

2012年5月3、4、5日、13日と開催。
無事、終了いたしました。