髙橋弘子 Hiroko Takahashi

2003年SPIRAL(現C.I.N.N.)結成時より団体代表者として、団体活動の企画・制作・運営を担当。
1985~2000年竹屋啓子コンテンポラリー・ダンスカンパニー(CDC)の団員として、クラス指導、公演作品振付、国内海外公演全て参加。1997年渡仏の際にCIに出会い、以降、N.S.スミス、N.マーティン、R.チャン他のもとで集中的にCIの研修と実践を重ねる。また、そのルーツである合気道を学び始める。2006年7・8月(2ヶ月)ロシア・EU3ヶ国CIフェス、ECITE(Eu.CI.Teach.Exchange)に参加。その後マレーシア、タイ、中国からCIフェス/WSの招聘を受け指導。現代舞踊・芸術のくすり箱会員、ピラティスFTP・BOSU・JCCA公認インストラクター、YBRプラクティショナー他、中高老年期運動指導士。合気道三段。2000~2017年 日本体育大學ダンス部コーチ(コンテ、CI指導)。現在、桐蔭横浜大学非常勤講師(「ボディワーク」担当)、PAI(舞台芸術学校「CI」担当)



福本まあや Maaya Fukumoto

2003年SPIRAL発足時より同主催のイベントにスタッフとして参加。主に海外講師との交渉を担当。
舞踊活動歴:即興をスティーヴ・パクストン、アンドリュー・ハーウッド、ニナ・マーティンらに学ぶ。また、現代舞踊を石黒節子に、舞踏を蝉丸に学ぶ。1993年より国内外にてソロ及びグループでの振付作品を発表。1999年第2回シアターオリンピックス特別プログラム日本現代ダンス抄(静岡)に振付・出演。2000年SPAC振付コンクール2000にて自作品「時は静かに流れた」優秀作品選出。
研究歴:1998年よりコンタクト・インプロヴィゼーションをテーマにお茶の水女子大学大学院にて研究を開始。2001年に修士号(人文科学)を、2009年に博士号(学術)を取得。研究論文「コンタクト・インプロヴィゼーションの発生における合気道の思想的影響」『舞踊学第29号』、「コンタクト・インプロヴィゼーションにおける“disorientation”の概念」『人間文化論叢第9巻』掲載ほか。2009年春にはC.I.の創始者スティーヴ・パクストンとリサ・ネルソンの来日プロジェクト実行委員会の副実行委員長を務める。同プロジェクトで使用されたテキストの翻訳やティーチング・アシスタントを担当。現在、富山大学芸術文化学部助教。



池田理枝 Rie Ikeda

2003年SPIRAL発足時より同主催のイベントにスタッフ及びパフォーマーとして参加。
制作広報を担当。
CICO企画他、CI・WSを数多く受講。コンテンポラリー、JAZZ、バレエ、ボディーコンディショニングなど幅広いジャンルで、身体と表現の探求を続けている。
薬剤師。
 



国枝昌人 Masato Kunieda

スイス日本人。裸足で走り回るから、とダンスを始め、いまだにいろんな仲間と飲んでは踊っている。
撫肩GUYDANCEメンバー。
東京コンタクト・インプロ・フェスティバル2010から通訳担当。
 
 



池田絵理 Eri Ikeda

2010年より、TCIFスタッフとして参加。
小学校で教鞭を執る傍ら、自身の創作活動にも取り組んでいる。
 
 
 
 



永井美里 Minori Uehara

2007年5月東京コンタクト・インプロ・フェスティバル07受講をきっかけに、2008年から制作・通訳アシスタント担当。英国ミドルセックス大学ダンス学部卒業。現在はAAPAのダンサー・振付家として創作活動をするほか、フリーランスのダンサーとして様々な振付家の作品に出演している。劇場外でのパフォーマンスやミュージシャンとのコラボレーションなども積極的におこなっている。ワークショップやバレエ・コンテンポラリーダンス講師としても活動中。