【ご報告】
 
TCIF2024 無事に開催.終了できたことをスタッフ一同、感謝致します
 大阪.神戸.長野.静岡&中国.台湾 と遠方から沢山参加を頂き国際色豊かに盛り上がりました
初めての場所にて『食事は美味しい.海に行けた.花火も楽しんだ.また来年もここで開催して欲しい』という嬉しい言葉を聞きホッとしました
JAMの輪が継続広がり続ける事を祈ります

 


 
【開催案内】

  • 講師のプロフィール&クラス内容の変更掲載が遅れましたこと、お詫びお申し上げます。
    レオナルド講師からのメッセージ(理由等)にて、ご理解いただけたら幸いです。

    ホアキンのプロフィール

    ホアキンのクラス

    レオナルドの参加者の皆さまへ(message)
    フェスティバル参加者の皆さま

    大変申し訳ありませんが、このたびの東京CIフェスティバルで、私は皆さんにお会いできなくなりましたことをお伝えします。日本に行き、自分が追求してきた素材やとダンスを、皆さんと共有するための準備は整っていたのですが、2週間ほど前に私がチリから帰国した際、私の97歳になる祖母が転倒して大腿骨を骨折していました。彼女は私の‘母’でもあり、幼い時は祖母の家の庭で新鮮なパスタや自家製パンを準備して、共に過ごしたものです…。幸い、彼女は緊急手術を受け、全てうまくいき、今は自宅にいます。
    ただ、現在はまだ昼夜を問わず介助が必要な状態です。私はしばらく考え、感じ、そして彼女の近くにいたいと感じている自分に気がつきました。そして、その思いをフェスティバル・チームに打ち明けました。
    私の状況を理解してくれたフェスティバル・チームに感謝します。今、私はこの儚い時間の中で祖母と踊っているような気がしています。ダンスは止まりません。
    近いうちに日本を訪れ、皆さんと踊れることを願い、良いダンス、良いフェスティバルになりますよう祈っています。
    みんなに大きなハグを。

    レオナルド・ランブルスキーニ

    Dear participants,
    It is with deep regret that I am writing to inform everybody that I will not be able to be with you at the Tokyo CI Festival this year. Everything was planned to come to you and share my research material and dance, when about two weeks ago, returning from my trip to Chile, my 97 year old grandmother, who was also my “mother”, fell and broke her femur . I shared my childhood with her in the home garden and preparing fresh pasta and homemade bread… She had emergency surgery and everything went well. He is now in his home but it is as before the accident.
    Anna Maria now requires assistance day and night because she still needs to recover her mobility (motricity). I took a few days to think and feel and then I realized that I want to be close to her in time and space.
    I want to thank the Festival team for understanding my need to stay in Italy in the coming months.

    Now I feel like I am dancing with my grandmother in this moment of fragility. The dance doesn’t stop.
    In the hope of arriving soon in your land and dance, I wish you good dancing and a good festival.
    A big hug to everybody

    Leonardo Lambruschini

  • 5/3(金祝) CI ① 12:30〜
  • 5/8(水) オリンピックセンターの「performance + 報告会 + JAM」は、5/3〜6の合宿とは別料金4,000円になります。(合宿参加者は 3,000円)

     

    チラシ表面(PDF)

    チラシ裏面(PDF)


     

    東京コンタクト・インプロ・フェスティバル2024. vol.16

    2024年5月3日(金祝)- 6日(月祝)

    日本武道館研修センター 第1研修室
    千葉県勝浦市沢倉582(JR外房線「勝浦駅」から徒歩15分)
    https://www.nipponbudokan.or.jp/shukuhaku

    食事は、ビュッフェ バラエティで沢山食べられます。
     


     

    Profile

     
    リンダ・ブファリ(Linda Bufali、イタリア)
    1998年フィジカルシアターを学ぶ中でCIに出会い、魅了され、現在まで続く長い学びのプロセスが始まった。2008年よりイタリア(Italy Contact Festival)や国外(スペイン、ドイツ、イスラエル、ウクライナなど)にてCI講師を務める。彼女にとって教えるということは自身のCI研究の一部であり、他の人の研究の手助けやサポートをすることを意味している。彼女は、CIを可能な限り広めたいという思いから、Italy Contact Camp and CicloNomadeというイベントを企画・主催している。これは、CIが私たち、私たちの身体から始まる非常にパワフルで健康的な革命であると信じているからだ。CIは、社会的な妥協にとらわれずに誰かと会い、瞑想し、生き生きと動く衝動を保つための最良の方法だと体験を通して感じている。人生はムーブメントであり、二人で動くことが意識を加速させる。現在45歳の彼女は26歳と4歳の二人の親であり、2歳の男の子の祖母である。

    English
    I met CI in 1998 during a physical theatre course. I was fascinated by it and began a long learning process that continues to this day. Since 2008 I have been teaching in many Italian communities (Italy Contact Festival) and abroad (Madrid, Lleida, Alcoi, Basque Country, Cologne, Israeli Contact Festival, Ukraina Contact Festival, Barcelona Contact Festival, Asturias Contact Festival, In Touch Barcelona).
    Teaching means to me feeding my own research and satisfying the need to contribute to and support that of others. I conceived and organised events with the desire to spread CI as much as possible (Italy Contact Camp and CicloNomade) because I believe it is an extraordinary, powerful and healthy Revolution that starts from us, from our bodies. Personally, I experience C.I. as the best way I have in this life to meet someone outside of social compromises, to meditate and keep the urge to move alive.
    Life is movement, moving in two accelerates awareness. Today I am 45 years old, a mother of two children aged 26 and 4. I am also a grandmother of a two-year-old boy.

     
    ホアキン・アルフェイ(Joaquín Alfei、アルゼンチン/イタリア)
    パフォーマー、ダンサー、ダンス研究者。ルーヴェン大学(ベルギー)にて神経科学の博士号を取得。これらの実践の渦中に身を置きながら、ダンス・インプロヴィゼーションとその科学において「知る方法」と「身振り」の研究に没頭してきている。ダンスの探求と学術的な研究の双方において、主体と客体の相違という伝統的な理論に挑戦している。
    想像力というフィジカルな進化の現象と、その想像力が実際に目に見える形で相互に作用する領域に関心を持っている。アルゼンチン出身。現在はイタリアを拠点に国際的なワーク、指導、パフォーマンスを展開。

    English
    Joaquín Alfei (Argentinian/Italian)

    Joaquín Alfei is a performer and dancer, dance researcher, and doctor in Neuroscience (KU Leuven – Belgium). Existing in the in-between of these interwoven practices, Joaquín has been obsessed in ‘ways of knowing’ and ‘gestures’ of research in dance improvisation and science. Challenging classical divergences between subject/object, in both his dancing explorations and academic work.
    He is interested in the imagination as a physical evolutionary phenomenon, and in the realm of interaction in all of its manifestations.
    Originally from Argentina, he is presently in Italy, from where he works/teaches/performs internationally.

     

    映像 Vimeo  リンク Link  


     

    Class – Linda Bufali

    (クラス CI-A ①〜③)

    「THE SPACE OF CHOICE / 選択の空間」
    「刺激と反応の間には空間がある。その空間には、私たちが自らの反応を選択する力が内包されている。」- Viktor Frankl –
    C.I.は、接触を通して動く身体の探究に基づいたダンスの実践である。コミュニケーション手段としてのタッチ。耳を傾け、応えること。対話としてのダンス。このクラスでは次の演習の原則を探っていく:接触を失うことなく一緒に動くこと。空間の中で身体を管理すること。パートナーとの関係の中で様々な役割を行うこと。より具体的には、いま現在に開かれ、受容することができるような傾聴の質を獲得する助けとなるムーブメント体験を提案していく。皮膚、骨、思考の中に繋がりの手段を構築していく。また、このプロセスを継続的に統合し、育てるために、短い話し合いの場を設ける。ナンシー·スターク·スミスが「Simple-Complex-Simple」と呼んだ構造に従って展開されるエクササイズやゲームを行なっていく。

    English
    “Between stimulus and response there is a space. In that space is our power to choose our response. In our response lies our growth and our freedom.” Viktor Frankl
    C.I. is dance practice based on the exploration of bodies moving through contact.
    The touch as a communication channel, to listen and to answer, so the dance as a dialogue.
    We will explore together the principles of this practice: moving together without losing contact, managing the body in space, playing different roles in the relationship with the partner.
    More concretely, I’ll propose movement experiences that help to acquire a quality of listening that open to the present and to letting in.
    We’ll build channels of connection in the skin, bones and thoughts.
    There will be also short speaking circles to continually integrate and nurture the process.
    Exercises and games that will be developed according to the structure that Nancy Stark Smith called “Simple-Complex-Simple”.

     

    Class – Joaquín Alfei

    (クラス CI-B ①〜③)

    アフォー[ダンス]:動くコンタクト・インプロ実験室
    「世界は、その形や空間上の関係性のみならず、行動の可能性(アフォーダンス)によっても知覚される―つまり、行動が知覚を生み出すのだ。」– J.J.ギブソン–

    どのように研究の問いを立てるべきかということに、しばらく前から私は興味を持っています。研究では、適切な問いを立てることが重要で、それはさまざまな答えを良しとするオープンエンドなものである場合が多い。科学では「これは事実か」を問い、哲学では「それはどんな意味か」を考えます。ダンスでは―研究として取り組むなら―「もう一度こうすると、どうなるか」を探求するでしょう。「アフォー[ダンス]」というのは、「関係性の景色」のように、対象とそれを利用する人との相互作用から生まれるものです。私たちは、重さの共有という進行中の対話を通して、どのようにアフォーダンスを再構築できるでしょうか?コンタクト・インプロにフォーカスしながら、これらの問いを踊りましょう。
    このクラスでは、重さの共有、フォール、問いかけることに重点をおきます。ここでは、壮大なものと親密なもの、双方を踊ることになるでしょう。集団で探求してゆくツールも利用します。重さの共有とは、未知の世界を掘り下げることです。踊りながら、その真っ只中で「注意力の速度」とシンクロしながら、予測不可能なものを受け入れることです。方法論的には、準備した素材に研究の即興性をブレンドしたものとなります。

    English
    Affor[dances]: a movable Contact Impro laboratory.

    “The world is perceived not only in terms of object shapes and spatial relationships but also in terms of object possibilities for action (affordances) — action makes perception.”
    — J. J. Gibson—

    I have been interested for some time in exploring the question of how to formulate research inquiries. Research hinges on asking the right questions, often open-ended ones that allow for varied answers. While science asks ‘is this the case?’ and philosophy ponders ‘what does it mean?’, dance explores ‘what if I do this again?’—engaging in practice as research. ‘Affor[dances]’, like a “relationscape,” arise from the interaction between object and user. How can we reshape affordances through ongoing dialogue in weight-sharing, within practice and space? With a deep focus on Contact Improvisation, we’ll dance these questions. In the studio, we’ll concentrate on weight-sharing, falling, and questioning. Throughout the intensive, we’ll dance both grand and intimate. I’ll provide tools for collective exploration that I’ve found valuable. Weight-sharing not only delves into the unknown but also embraces unpredictability, dwelling in the in-between and syncing with the ‘speed of our attention’ while dancing. Pedagogically, we’ll blend pre-prepared material with the improvisational spirit of research.

     
    申込む APPLY
  


 

Workshop , Event , Class

CI愛好者のネットワークを広げるため、CIに関するワークショップ、イベント、クラスの一般情報ページを設けました。
詳しくはこちらをご覧ください。

Workshop, Event, Class 一般情報ページ  

C.I.N.N.